禁煙成功のための禁煙術

タバコは本来、嗜好品であり、脳をリラックスさせる効果などが大きく、休憩時の一本や食後の満腹時に吸う一本は、非常に充実した一服であると言われています。
ただし、タバコに含有されるニコチンやタールには煙を吸引することで脳の血管を収縮させ、それが快感やリラックスにつながることや銘柄ごとに異なる味わいなどが、肺などの呼吸器や脳がインプットすることにより依存性が高くなります。
当然ですが、タバコを吸うことで肺がんや肺気腫などの呼吸器系の病気に対する懸念は高まり、女性の場合婦人科系の機能低下などのリスクが高まります。
タバコは吸えば吸うほど、依存性が高まり、喫煙年数と共に本数が多くなる傾向があります。
中高年期に差し掛かると、病気への懸念は高まり、また、喫煙によりそのリスクを高めるということもあるでしょう。
日本で禁煙に取り組むことの多い年代として、50代がもっとも多く、続いて40代、60代の順となります。
30代までは比較的若いと言え、病気への懸念が低いことから禁煙率が低く、70代や80代は楽しみがなくなるという理由で禁煙そのものを考える人も少ないのでしょう。
40代50代は人生の中で働き盛りと言われ、このころにもっとも年収が高くなる時で、仕事内容も多くなり、職場での役割も大きくなるでしょう。
そうなるとストレスも大きくなり、ストレス解消や気持ちの切り替えの意味でもタバコが担う役割が大きくなり、禁煙を考えたとしても禁煙成功とはいかない場合も多いです。
健康を考えて禁煙したが、太ってしまい、逆に脂質異常症や動脈硬化の懸念が高まったというケースも多く見受けられます。
しかし、禁煙したからといって太ることは無く、禁煙成功のためにタバコが食べ物に変わるという、自己のコントロールが出来ないことが原因となるから太るのでしょう。
そこで、禁煙外来でお医者さんによる指導のもと禁煙成功の道を切り拓くという方法があります。
禁煙外来での禁煙成功率は高く、10人中7人が禁煙に成功したという結果が出ています。
禁煙外来では、今まで吸っていたタバコをまずく感じさせ、喫煙に対する欲を低下させる方法がとられます。
禁煙補助剤や禁煙パッチなどと、精神的な面での指導、タバコによる有害性などの指導も行れます。
何回か禁煙にチャレンジしても禁煙に失敗したという人であれば、禁煙成功のために禁煙外来に行ってみてみるのも良いでしょう。
治療に費用が掛かったとしても、今後水続けるタバコの購入金額を考えれば費用対効果が高いと言えるでしょう。

<禁煙を成功させたいなら>
チャンピックスで喫煙さよなら

ページトップへ